« 着物 de 小樽貴賓館 | トップページ | 和楽会×志野流香道 »

2012年6月18日 (月)

椿庵 de 香道体験

小樽の旅  ~後篇~

週末の土曜日,小樽の旅の後編ですsign01

貴賓館を後にし,向かった先は今年5月6日に

グランドオープンしたギャラリー&カフェ椿庵さん☆

私が習っている円山彩蔵さんの着付教室の場所をお借りし

お世話になっている美容室の先生の娘さんがオーナーのお店note

Cimg9951

小樽環状線に椿庵の案内看板より小道に入り

少し小高くなった場所にあります☆

Cimg9952

カフェもしていますが,レンタルスペースにて

自由に個展やサークル,講習会,茶話会に利用する事ができますsign01

Cimg9954

2Fギャラリー&カフェスペースからは日本海か望め,

花火大会では特等席にshine

Cimg9955

志野流香道,先生のお手伝いをのリコさん(左)と光岡先生(右)

この日は,香道の裏側を少し見せていただけて体験出来る会

6名の参加でしたが,なんと水流水引のお家元である

川渕先生も参加でご一緒でしたsign01(さまざまな場所でご縁が)


香道の世界では,香りを「かぐ」ことを「聞く」といいます。

東南アジア産の天然香木を,研ぎ済ませれた感性で聞く

立居振舞いは茶道に似ていて厳かかつ,洗練された身のこなし

Cimg9953

左手前が,志野流香炉,右が電器コンロ

左奥が炭を持ち運ぶ道具

これは裏方で事前にやる仕事を,見せていただいているところ

電器コンロで,使用済みで小さくなった炭を熱し

灰を入れた香炉に事前にこの炭を埋めて,温めておくのだそう

新しく熱した炭を入れる前に余熱させることで,

本番の香炉の状態を最善に保つ事が出来るという訳です。

香炉用の炭は粉状にした炭を,海藻など特殊な物で固めた物で

香木の香り邪魔しない為に,香りの出ない炭として

各製造元により作り方は極秘なんだそうです。

このようにして事前に準備した香炉に,新しく熱した炭を灰に入れ

その炭を丹念に形作り,お道具で繊細に線を描きます。

石庭の模様を想像させますね。

Photo011

香炉を真上から見たところ

中央に置いてあるのは,銀葉という薄い雲母片。

熱されたところへ香木の小さな片を乗せます。

お点前として香炉に銀葉を乗せ,そして香木を乗せ

集まった方々へ次々と香炉を渡しながら,作法にのっとり

貴重な香木の微妙な種類の違いを聞き分けるのです。

静かに流れる時間の中で,知れば知るほど奥が深い・・・

翌日の組香も体験を前に,なんだか特した気分の私note

光岡先生がお持ち下さった,帯広の竹屋さんの「そばやき」と

美味しいお茶&椿庵のオーナー廣島さんより手作りの

小倉入り豆乳ムースとコーヒーで香道後のおしゃべりheart01

素敵な空間で香道~贅沢なひとときでしたshine

Cimg9985

芸術や手作り趣味の方に朗報ですね☆

Cimg9984

椿庵さんは,貸切となる場合もあるのでCafe利用の際は

事前に電話していく事をおすすめします☆

Cimg9986

素敵な小樽の旅~また行きたいですhappy01

|

« 着物 de 小樽貴賓館 | トップページ | 和楽会×志野流香道 »

Cafe」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お香ですかぁ。
私も大好きで、色んなお香を持っています。
かぐを聞くと言うんですね。
ゆったりしたカフェでいいですねhappy01
1日借りても2千円ですか。安いですねぇsign01
海が見えるそんなゆったりとしたカフェで
ミニ演奏会なんていいなぁ~note
な~んてねbleah
いつかそんな日が来ればいいなぁって思いました。
さくらさんは、色んな方々とお知り合いで
色んな知識を学べて素敵ですねheart04
小樽は街中しか行ったことがないので
行く機会があれば、さくらさんの旅を参考に行ってみたいなぁwink

投稿: ぴあの | 2012年6月19日 (火) 05時19分

本格的なお香の世界を垣間見ました
とっても厳かで威厳のあるお手前なんですね
気持ちが引き締まりますね

素敵なギャラリー&カフェですね~

投稿: 湘南エミリー | 2012年6月19日 (火) 14時54分

和の世界ですね、着物を着て香をいただく、、、
素敵な空間heart01落ち着きますね。

投稿: ひろりん | 2012年6月19日 (火) 22時12分

>ぴあのさん
フルートのミニ演奏会いいですねup
香りは気持ちを静めてくれて癒しになります☆
素敵な場所での香道体験,とても有意義でしたsign01
小樽も色々なところあって,私も知らない事が多いです。
ぴあのさんも,今度小樽へお寄りの際は
是非,貴賓館や椿庵へ行かれる事おすすめですhappy01

>湘南エミリーさん
香道の世界・・・本当に奥が深いのですsign01
香木も東南アジアからの輸入もののみ
水に沈み石化したような,ずっしり重い香木を
小さくして炊き香を聞く。
源氏物語の時代にタイムスリップしたような気になりますwink


>ひろりんさん
奥深い香道への第一歩sign01
素敵な小樽の街と海を眺めながら
素敵なひとときを過ごせましたhappy01

投稿: さくら | 2012年6月20日 (水) 03時21分

 小樽にもこんな素敵な所があるんですね!
花火大会の眺め…最高でしょうね!!!

 そうそう、先日判明したのですが…
会社のお客さん、実家が北海道の人でした。
「あそこ行った?どこどこ行った??」そんな
話で盛り上がりました(笑)
世間は、狭いです。

投稿: いんち | 2012年6月20日 (水) 21時29分

>いんちさん
小樽も色々な場所がありますが,
小高い住宅地の一角にお店がありますsign01
まさに,小樽の隠れ家☆
花火大会も賑わい,眺めは最高かと思いますshine
北海道話題で盛り上がる~いいですねnote
いつの季節も楽しめる北海道にまたいらしてねhappy01

投稿: さくら | 2012年6月22日 (金) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223523/54999704

この記事へのトラックバック一覧です: 椿庵 de 香道体験:

« 着物 de 小樽貴賓館 | トップページ | 和楽会×志野流香道 »