« 着物 de お江戸旅コーデ☆ | トップページ | 着物 de お江戸旅Vol.2 »

2014年5月13日 (火)

着物 de お江戸旅Vol.1

お江戸へ出発**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

   ~着物 de 14回目~

日曜出発一泊二日のオール着物旅note

着物好き&お花好きの二人に課せられた

2大ミッションを遂行すべく別々に空港へ

Cimg6214

私は5時起きにて札駅駅より快速エアポートで千歳空港へ

Cimg62151

同じく5時起きで愛車シトロエンで空港に到着していた

こ~ちゃん☆

Cimg6215

格子柄の水色紬にバラ柄の半衿と塩瀬帯

そして,こげ茶の高級薄羽織shine

Cimg62161

私は,告知通り奄美絣の白大島紬にターコイズブルーの更紗模様の麻帯

そしてレースの薄羽織☆

Cimg62061

半衿は染め体験で自作した菖蒲(しょうぶ)柄です☆

Cimg6217

いよい出発~千歳空港から定時9時半離陸airplane

Img_0530

約1時間半で目的地羽田空港へ

お天気に恵まれ遠くに富士山が見えましたfuji

Img_0531

無事にお江戸到着sign03

気合い入れで恒例の「出て来いシャジャーン!」

Cimg62191

バス待ち風景☆

第1ミッション目的地の埼玉西武ドームまでは

リムジンバスと電車を乗り継ぎ2時間bustrain

美味しいカツサンドを食べたりおしゃべりしたりで

バス移動はあっという間で,「西武ドーム」到着note

Img_0542

待ち合わせていたブログ友のchoco&ひなママさんとの再会を果たし,念願であった「国際バラとガーデニングショウ」会場へ

Cimg6258

第1ミッション『着物で国際バラとガーデニングショウを攻略せよ』

Cimg6220

西部ドーム内は薔薇ガーデンでいっぱいup

Cimg6221

薄羽織も脱ぎ捨て「さあ, 行くわよ!」と

先頭切って会場へ乗り込むこ~ちゃん

Cimg6222

熱気あふれる素敵なバラガーデンの様子は次回paper

|

« 着物 de お江戸旅コーデ☆ | トップページ | 着物 de お江戸旅Vol.2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさ~いヽ(´ω`)/

おぉ!
懐かしの西部ドームw
ココのHPに載ってる紹介文に何度ツッコミ入れたか
分かりませんわww

終点駅降りたらどど~んと鎮座してるんで
迷う心配ないけども...遠いw
負け試合の後はぐったりでしたww

&その半襟は狩野先生のかしら^^
あたしも2~3回体験したけどお気に入りです♪

投稿: MEG | 2014年5月14日 (水) 13時01分

日・月にかけてのお江戸旅、お疲れ様でした~。さくらんのブログ友達にもお逢いする事が出来て楽しいミッション遂行でしたねhappy01
国バラの案内図を眺めながら余韻に浸っております(笑

投稿: こ~ちゃん | 2014年5月14日 (水) 13時58分

ちょっとだけ接近した感じがしますね(大笑)

投稿: | 2014年5月14日 (水) 21時51分

>MEGちゃん
ただいま~無地もどりましたsign01
そういえば野球ファンですものねsign01
どこの球場までも行っての応援すごいわぁ
半衿は狩野先生のご指導での作品ですhappy01

>こ~ちゃん
濃い内容の二泊三日でしたねsign03
私のブログではお馴染のこ~ちゃんですもの
みんな知ってて初対面ではなかったような(笑)
〇年越しの国バラミッション攻略でしたねhappy01

>ぬさん
距離的にはかなり接近ですsign01
特にご実家にもねwink

投稿: さくら | 2014年5月14日 (水) 23時22分

 おぉぉ~いらしていたんですね!
あっと言う間の東京だったと思います!
次回は、ゆっくり出来ると良いですね=

 お着物なのに荷物が、割と少なく
コンパクトにまとまっていますね!??
私は、北海道に行った時に無駄に上着を
持って行って~かなりの大荷物で大変な
思いをしました(笑)))

投稿: いんち | 2014年5月16日 (金) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223523/59639185

この記事へのトラックバック一覧です: 着物 de お江戸旅Vol.1:

« 着物 de お江戸旅コーデ☆ | トップページ | 着物 de お江戸旅Vol.2 »